近すぎる

先日、夜中にトイレに行きたくなった。

我が家のトイレは、コンドミニアムの 廊下の明かりが入り、

十分明るいため、夜中はいつも電気をつける必要が無い。

そして、そのトイレは比較的狭く、便座に座ると、

壁と顔の間は50cmほどだ。

便座に座り、ぼーっとしていると、目の前の壁に

廊下の明かりが、異様なものを照らし出した。

ヤモリ、だ。

目の前、50cmの距離に、小さなヤモリが1匹。

近すぎる・・・。

いつもなら大声をあげるが、時は夜中の2時半。

叫べない。

ヤモリは、私に見つからないように、と、ピクリとも動かない。

こいつが、寝室に入ってきたら大変だ。

ここは、ヤツをビックリさせないよう、余計な動きを控えよう。

そう考え、私は最低限の動きをし、

しかし、

ヤモリの動きはしっかりととらえ、トイレをあとにした。

その後、その事はすっかり忘れていた。

それから、2日後。

ベッドシーツの洗濯をしようとベッドを動かした。

すると、壁とまくらの隙間から、小さなヤモリが飛び出してきた。

「 ひゃー 」

えっ?

もしかしたら、あの夜からずっと、私のあたま付近にいたの?

もし、そうだとすると、私のあたまとヤモリの距離は、わずか5cm。

もっと、近すぎる・・・。

ヤモリは、悪さをしない、という事は十分に分かっているが、

何とも、微妙な感じがした。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)