マレーシアに来て思ったこと

マレーシアには、3つの民族が共存している。

一番多いのは、マレー系。

次に多いのは、中華系。

一番少ないのは、インド系。

ここ、マレーシアで生きていくのに、

なにかと優遇され、政府が守ってくれているのが「マレー系」。

お金のために努力し、また、

誰かを騙してまで、稼ごうとするのが「中華系」。

努力もしたくなければ、頑張りたくもないのが「インド系」。

もちろん、例外もある。

日本では、インド人のIT技術の高さや、

数学能力の高さが、広く評価されていた時があったが、

それは、いまだ存在する、

インドのカースト制の、上の位の人間のことらしい。

下の位の人間は、生きるために人から盗むことを覚える。

悪事をして捕まっても、その中のお金から

いくらか払えばすぐ家に帰れる。

なんとも、ひどい話だ。

観光でマレーシアに来る人には、

「3つの料理・文化がいちどに楽しめる」

なんとも、不思議な国に見えるかもしれないが、

住んでみて分かったことは、山ほどある。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)