超・高級コンドミニアムを買う

私の旦那さんの大親友、レオナルド君が

ついに、彼女のために、

コンドミニアムを買った。

それは、

彼女の大好きな、

バカでかいショッピングモールの、

すぐ近くにある、

建設中のコンドミニアムの最上階。

先日、銀行のローンの審査がおり、

ついに、支払いが始まった。

もちろん、お支払いは全て彼。

しかし、

知らぬ間に、彼女に乗せられ、

所有者は、

まだ未婚同士である、赤の他人とも言える、

2人の名前に、なっていた。

先週、

レオナルド君と、ランチをした時のこと。

私の旦那さんは、

「うち、今月ピンチだよー。

銀行にあと、RM30 (900円) しか残ってないよー」

と言うと、

レオナルド君は、

「おまえ、すごいじゃん!

オレ、あと、RM8 (240円) だよー」

「あははは!」

と、いい年した男の、超・貧乏大会になった。

それを聞き、

レオナルド君の、

今後のコンドミニアムの支払いが心配になったが、

それよりも、

私たち家族の将来が、心配になった・・・。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)