笑いたければあの店へ

マレーシアには、

肉骨茶(バクテー)と呼ばれる料理がある。

「豚肉と、少しの野菜が入った、漢方鍋」

といった、ところであろうか。

漢方の味が強いので、日本人は、

好きと嫌いが、大きく分かれる料理だと聞いた。

この、バクテー、

節約第一の、私達夫婦にとっては、

少し、値段が高いので、

これを、我が家では、贅沢料理とし、

特別な時のみ、食べることにしている。

過去に、

数件のお店で、食べたことがあるが、

義理の両親の、家の近くにある、

バクテーは、かなりすごい。

美味しく食べ終わり、お支払いをし、

車に乗って、帰宅途中、

肩から指先までが、

ズドーン、と、だるーく、重くなる。

そして、

頬骨も、

ズドーンと、だるーく、重くなる。

そして、

全てが、もう、どうでもよくなる。

何もないのに、笑っちゃう。

旦那さんに言うと、

彼も同じ、と言う。

去年行ったとき、こんな事は起こらなかった。

もしや、バクテー屋のおばちゃんが、

漢方の配合を、間違えたのだろうか?

翌月、また、その店に行った。

前回と同様、

腕と頬骨が、ズドーンと、だるーく、重くなり、

「イヒヒ・・・」と、笑いが止まらない。

間違いない。

麻薬だ。

しかし、

まだ、お店はつぶれていないので、

合法とみる。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)